動画「面積の大きい国ランキング」で面積の大きい国を覚えよう!

 中学校の地理で面積の大きい国を学習すると思います。国の面積は、その国の国力にも密接に関連しており、非常に重要な事項です。そのせいかはわかりませんが、自分が中学生の頃には、面積の大きい国の順位を問う問題が試験で出題された記憶が有ります。とはいえ、覚えなければいけないのは面積の大きい国の上位10カ国ほどだったので、あまり苦労した覚えはありませんが…

動画「面積の大きい国ランキング」について

 ポテスクールの動画「面積の大きい国ランキング」は、面積の大きい国を覚えるための動画です。この動画では、面積の大きい国の上位10カ国を覚えることができます。「面積の大きい国ランキング」 では、「六大陸と三大洋」 と同じように、 モルワイデ図法と、メルカトル図法 の両方を用いて地図を表記しています。モルワイデ図法では、面積の大小関係を正しく表すことができるため、面積の大きさをイメージしやすいと思います。

 また、世界地図を表示しているため、各国の位置も把握しやすい動画になっていると思います。なお、面積の大きい国の上位10カ国は以下のようになっています。なお、以下のランキングは、2014年時点のものです。

  • 1位:ロシア
  • 2位:カナダ
  • 3位:アメリカ
  • 4位:中国
  • 5位:ブラジル
  • 6位:オーストラリア
  • 7位:インド
  • 8位:アルゼンチン
  • 9位:カザフスタン
  • 10位:アルジェリア

面積の大きい国は覚えるべき?

 自分が中学生のときには、面積の大きい国は必ず覚えなければいけない内容でした。試験にも高確率で出題されていました。覚える内容も多くないため、優先的に覚えるべき内容だと思います。仮に、試験に出題されない場合であっても、面積の大きい国は一般教養といえるレベルの内容だと思うので、覚えて損はないと思います。

面積の大きい国の学習はポテスクールで!

 ポテスクールの動画 「面積の大きい国ランキング」 では、 面積の大きい国の上位10カ国を覚えることができます。世界地図上で面積の大きい国を表示することで、世界に対してどのくらいの面積かを視覚的に把握でき、大きさのイメージがつきやすくなっていると思います。面積の大きい国を覚えるときは、是非ポテスクールの動画をご活用ください。

関連記事

  1. 炎色反応を覚えよう
  2. 立方体の展開図をマスターしよう

コメントをお待ちしております

CAPTCHA


プロフィール

プロフィール画像

3人の子どもを持つ親です。子どもの学力向上のため家庭学習に力を入れています。家庭学習に用いるツールとしてポテスクールというチャンネルでYoutubeに動画を投稿しています。

詳細プロフィール
Twitter
You Tube