動画「六大陸と三大洋」で六大陸と三大洋を覚えよう!

 六大陸とは、世界に存在する6つの大陸のことです。北アメリカ大陸、南アメリカ大陸、ユーラシア大陸、アフリカ大陸、オーストラリア大陸、南極大陸が六大陸です。大陸の数え方には他の数え方もあります。

  三大洋とは、世界に存在する3つの大洋のことです。大洋とは、誤解をおそれずにざっくり言うと大きな海のことです。太平洋、大西洋、インド洋が三大洋です。北極海、南極海を含めて五大洋とする場合もあります。日本海は?と疑問に思うかもしれませんが、日本海等の大洋以外の海は、いずれかの大洋に属する付属海といいます(日本海は太平洋の付属海です)。

 動画「六大陸と三大洋」について

 ポテスクールの動画「六大陸と三大洋」は六大陸と三大洋の名称、位置を覚えることができる動画です。また、動画では面積の大きい順に大陸と大洋が出題されるようにしているため、面積の大小関係も把握することができるようになっています。1つの動画で、六大陸及び三大洋それぞれの名称、位置、大小関係を把握することができる動画になっており、効率的に学習をすることができます!

 実際の面積との比率が正しく、面積の大小関係を正しく表すことができるモルワイデ図法と、メルカトル図法の特徴を活かしつつ南極と北極を表示できるミラー図法の両方で世界地図を表示しています。両方の図法で世界地図を表示することで、両者のメリットを得られるようにしています。

結局大陸はいくつなの?

 最初にも書きましたが、大陸の数は色々な数え方があります。数え方によっては七大陸だったり、五大陸だったりします。

 で、ほんとのところはいくつなの?ということになると思いますが、明確にいくつという答えはありません。というのも、大陸の定義自体が曖昧なものであり、何が大陸で何が大陸ではないかを明確に定義できないためです。学校の授業では、六大陸で習うと思うので、六大陸で覚えておけば間違いないと思います。他の数え方もあるということぐらいは覚えておいたほうがいいかもしれません。

六大陸と三大洋は覚えるべき?

 六大陸と三大洋は、必ず覚えるべき内容だと思います。六大陸と三大洋に関する問題は、出題頻度が結構高かった記憶があります。名称自体を問う問題が出題されることもありますし、 六大陸や三大洋に関連した問題が出題されることもあります。高校になれば、六大陸や三大洋を知っていることを前提とした内容の授業もあります。覚える内容自体も多くはないので、必ず覚えるべきだと思います!

六大陸と三大洋はポテスクールで!

 六大陸と三大洋は、試験や入試でも出題頻度が高いイメージがあるため、暗記する優先度は高いと思います。ポテスクールの動画であれば、名称、位置、大小関係を習得することができます。六大陸と三大洋を学習する場合には、是非ポテスクールの動画をご活用ください。

関連記事

  1. 星座と星を覚えよう
  2. 面積の大きい国ランキング
  3. ポテスクール

コメントをお待ちしております

CAPTCHA


プロフィール

プロフィール画像

3人の子どもを持つ親です。子どもの学力向上のため家庭学習に力を入れています。家庭学習に用いるツールとしてポテスクールというチャンネルでYoutubeに動画を投稿しています。

詳細プロフィール
Twitter
You Tube